年収に応じて確定申告を行う

確定申告といっても、会社員だと馴染みが薄いかもしれません。なぜならば、会社員の場合給料から税等が差し引かれているからです。なので、会社員の人は特に何もしていないという人も多いのではないでしょうか。しかし、会社員であっても場合によっては申告しなければならないときがあります。それは、年収2000万円を超える場合や副業の所得が20万円を超える人などはしなければならなくなってきますので、該当しそうな人は気を付けましょう。申告をした方がいい場合というのもあります。住宅ローン減税というのもあるので、適用者で控除を受けるためには1年目に申告しなければなりません。医療費控除も申告したらお金が戻ってくる場合があります。家族での年間の医療費が10万円を超えた場合に受けることができるのです。申告が必要な場合はしなければなりませんが、このように還付が受けられるということもあります。
フリーランスで働いているという人は、一定以上の収入ができれば申告する必要があります。経費があれば引くことができるので、仕事に関わることで費用を出したのであれば、領収書などをしっかりと取っておきましょう。事務所などがある場合は、その家賃などが経費となりますし、事務所の光熱費なども経費となるでしょう。仕事をする上で必要だった交通費などもしっかりと領収書をとっておきましょう。領収書は後で見なおしても分かりやすいように整理しておくと、確定申告のときに焦らずに済みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*